GORE-TEX® メンブレン

GORE-TEX® プロダクトの要

GORE-TEX® メンブレンの微細な孔の大きさは、水蒸気の分子が通り抜けるためには十分な大きさのため、汗の水蒸気を外に放出できるのです。

GORE-TEX® メンブレンの微細な孔の大きさは水滴よりもはるかに小さいため、水滴は中に入ることができません。

GORE-TEX® メンブレンは十分な防風性を保持していますので、風や冷気が通り抜けることができません。

GORE-TEX® メンブレンは、延伸ポリテトラフルオロエチレン(ePTFE)の非常に薄い膜です。1平方インチあたり90億個の孔(あな)があり、それがGORE-TEX® ファブリクスの特有の性質の元になっています。

防水性

濡れたファブリクスは体の熱を奪います。
防水耐久性のあるGORE-TEX® ファブリクスはカラダをドライに保つので、アクティビティを快適に楽しめます。

Non waterproof alternatives
Durably waterproof

アウトドアにおいて、人が行う活動によってかかるいかなる圧力にも耐えて水を侵入させない性能を備えていなければ、防水耐久性があるとは言えません。GORE-TEX® ファブリクスは、きわめて優れた防水耐久性を保持しているばかりでなく、その性能が、長期にわたって保たれるのが大きな特長です。

外側から雨や雪による水滴が侵入すると、内側に着ているウェアや体が濡れて、体温が奪われてしまいます。ですから、防水耐久性を保持したGORE-TEX® ファブリクスが必要なのです。

防風性

防風性のアウターウェアは衣服内気候を保持するとともに快適さを保ちます。

Truly windproof
Non windproof alternatives

防風性があるファブリクスと呼べるのは、外からの寒風や冷機を遮断する性能を保持しているファブリクスだけです。厚手のフリースは着ていて暖かく感じますが、わずかな風でも通過させてしまいます。GORE-TEX® ファブリクスは、十分な防風性を保持していますので、寒風や冷気が通り抜けることができません。

外側からの風や冷気が侵入すると、内側の暖かい空気層が冷やされ、体温が低下してしまいます。ですから防水性を保持したGORE-TEX® ファブリクスが必要なのです。

透湿性

GORE-TEX® ファブリクスは汗の水蒸気を逃し、オーバーヒートや汗冷えを減らします。

Highly breathable
Non breathable alternatives

透湿性とは、ファブリクスが水蒸気を透過させる機能のことを言います。空気を通す性能と混同されることがありますが、空気は通しません。ゴアの基準では、激しい運動を行っている間でも汗による水蒸気を効果的に放出する性能を保持して、はじめて十分な透湿性があるとしています。
体がかいた汗による水蒸気が内側にこもると、ムレて不快であるばかりでなく、結露して水に戻り、あたかも浸水したかのように体を冷やしてしまいます。ですから、透湿性を保持したGORE-TEX® ファブリクスが必要なのです。

ゴアの約束:ビデオ

GORE-TEX® ファブリクスについてゴードンとテッドがGORE-TEX® プロダクトをテストしています。PROMISEシリーズの動画をご覧ください。

防水性

Episode 1: 水の魔法使い(英語:日本語字幕)

防風性

Episode 2: バブルトラブル(英語:日本語字幕)

透湿性

Episode 3: 蒸気の達人(英語:日本語字幕)

GORE-TEX® ラミネート

The GORE-TEX® メンブレンはそれ自身はわずか0.01mmの厚さです。
そこへ高性能な表生地と裏地を貼り合わせてGORE-TEX® ラミネートにします。