GORE-TEX® ラミネート

表生地
GORE-TEX® メンブレン
裏地

すべてのGORE-TEX® ガーメントには耐久撥水加工(DWR)が施されています。

最終製品として作られたGORE-TEX® メンブレンを使用するために、高機能な表生地と裏地を貼り合わせる必要があります。メンブレンとそれをサポートする素材の組み合わせはGORE-TEX® ラミネートと呼ばれます。

防水耐久性

ラミネート構造

GORE-TEX® ラミネート3種類について詳しくはこちら

2層構造

GORE-TEX® メンブレンを表生地のみにラミネート(貼り合わせ)したもので、メンブレンを保護するために裏地付きで使われます。おもなアイテムとしては、メッシュ素材などをダウンや中綿などとの組み合わせで保温性重視のジャケットやパンツにも使われます。

3層構造

GORE-TEX® メンブレンを表生地と裏地の間にサンドイッチ状にラミネート(貼り合わせ)した一枚地のファブリクスです。おもなアイテムとしてはレインスーツ、アルパインジャケット・パンツなどがあります。摩耗や引き裂きに強い、耐久性のある製品が多くつくられています。

Zライナー構造

GORE-TEX® メンブレンを軽量な生地と貼り合せ、そのラミネートをウェアの表生地と裏地の間に吊り下げます。縫い目のシールが少なく、ウェアをより自由なデザインで作ることができます。インサレーションにも使われます。

シームシーリング

GORE-TEX® ファブリクスを縫製するときにできる、ごく小さな針の穴から水が内側に浸入するのを防ぐために、ウェアの内側からGORE-SEAM® テープで目止めが施されます。

ビデオをみる

GORE-SEAM® テープ

GORE-TEX® アウターウェアテクノロジー

GORE-TEX® フットウェアテクノロジー

GORE-TEX® グローブテクノロジー